ポケットwifi 安い au

auのスマホを使っていると月末にデータ容量が足りなくなって速度制限が掛かってしまい、インターネットが使いにくくなることがあります。頻繁に動画を視聴する場合にはなおさらです。
そのような方にオススメなのが、auと同じKDDI系列の会社が売り出しているポケットwifiであるWiMAXです。
ここではauユーザーがポケットwifiとしてWiMAXを使うことによって、スマホを事実上速度制限なしに、しかも安く快適に使える方法を説明します。

 

 

スマホ代が高くなったり、速度制限が掛かって快適に使えない理由

 

現在はスマホが動画の視聴や画像のやり取りに使われることが珍しくありません。それがスマホ代が高くなったり、速度制限が掛かりやすくなった大きな原因です。
スマホが普及し始めたころは、そこまでスマホが動画の視聴や画像のやり取りに使われるとは考えられていませんでした。ところが現在は当初想定されていたよりも大量のデータをやりとりする使われ方をすることが多くなってしまったのです。
スマホだけでインターネットを使っていても、月末ごろに速度制限が掛かるのを防ぐ方法は2つあります。
1つ目は月間データ容量の多いプランで契約することです。
2つ目は追加でデータ容量を増やす「データチャージ」になります。ただし、1GBを追加するだけで1,000円も掛かってしまいます。いずれにしろかなり料金が高くなってしまいます。
スマホでインターネットを使っても、安い料金のままにしたいというのであれば、スマホの使用量を減らさざるを得ません。

 

 

快適に安い料金でスマホを使うためにはポケットwifiのWiMAXがオススメです。

 

WiMAXとは

WiMAXとはauと同じKDDI系列の会社であるUQコミュニケーションズ株式会社が提供している、WiMAX回線を用いたポケットwifiです。このポケットwifiを用いて通話をすることはできず、あくまでもデータ通信専用のポケットwifiです。

 

WiMAXにはギガ放題プランと通常プランの2通りがあります。
ギガ放題プランであれば月間使用量が無制限ですので、速度制限が掛かることがありません。ただ3日間のデータ通信量は10GB に制限されていますが、現実問題としてこの10GB のデータ通信量の制限が課されても1Mbpsという比較的早い速度が出ていますので、不便を感じることはまずありません。なので、実質的に無制限であると言えます。
それに対して通常プランですと、月間通信量が7GBを超えると通信速度が128Kbpsに制限されてしまいます。この通信速度ではウェブサイトを閲覧することにさえ不便を感じますので、特に動画の視聴頻度が高い人は安いという理由で通常プランを選ぶのではなく、ギガ放題プランを選ぶべきです。

 

WiMAXはUQコミュニケーションズ株式会社のみが販売しているわけではありません。ほかの会社も販売代理店であるプロバイダとして、販売しています。他のプロバイダによって提供されているからといって、利用できるエリアや通信速度などのサービスに差はありません。違ってくるのはキャッシュバックや割引などのキャンペーンです。
キャッシュバックや割引についてプロバイダごとに見ていきましょう。

 

GMOとくとくBBというプロバイダは現在大きなキャッシュバックのキャンペーンを行っています。2017年10月31日までにWiMAX2+W04の組み合わせでポケットwifiを申し込めば、通常のキャッシュバック30,900円のほかに3,000円のキャッシュバックが追加されてキャッシュバックの総額が33,900円にもなります。GMOとくとくBBには特に割引はないとはいえ、安いポケットwifiの利用法であると言えます。
また、Broad WiMAXというプロバイダでは、キャッシュバックのキャンペーンを行わず、その分月額料金を割り引くというサービスを行っています。
どこのプロバイダでも利用可能なエリアが狭まるわけでもありませんので、よく条件を比較して、自分に合ったプロバイダを選ぶとよいでしょう。

 

なおWiMAXで最新のルーター端末機種を使えば、下りで708Mbpsの通信速度(理論上の最大値)に達します。

 

 

auユーザーにWiMAXをオススメする理由

UQコミュニケーションズ株式会社が発売している「WiMAX2+ルーター等」で「UQ Flatツープラスギガ放題(2年/3年)」のプランまたは「UQ Flatツープラス(2年/3年/4年)」のプランを契約し、その上でauスマホまたはauケータイを利用して「auスマートバリューmine」を契約すると、auのスマホやケータイの毎月の利用料金が最大で1,000円節約できます。

 

 

安い値段で快適にauスマホを使うには

 

安い値段でしかも高頻度でインターネットを使っても速度制限が掛からないようにするためには次のような方法があります

 

まずそのためには、auスマホで利用可能なデータ量を一番少なく安いプランにすることです。
現在のauのスマホの月額料金は基本使用料プラン、インターネット接続サービス料、およびデータ定額の三つから成っています。
基本使用料プランは最も安い場合でスーパーカケホ(5分以内国内通話無料)1,700円、インターネット接続サービス料300円とそれに最低のデータプラン容量(3GB)4,200円の合計で月額料金6,200円です。
もし国内通話をすべて無料にしたいのであれば、カケホ(国内通話無料)2,700円、インターネット接続サービス料300円とそれに最低のデータプラン容量(2GB)3,500円の合計で月額料金6,500円です。

 

次に、ギガ放題プランでWiMAXを契約し、基本的にはWiMAXの回線を使って通信を行います。そしてどうしてもWiMAXの電波が届かないエリアでのみ、スマホのLTE回線を使って通信を行うようにします。WiMAXの人口カバー率は90%となっていますので、スマホの契約データ量を補助的に使いさえすればほとんどすべてのエリアで最低限の月額料金で通信をまかなうことができるはずです。

 

三つ目に、「auスマートバリューmine」の割引を契約することです。
以上三つのことをすれば、速度制限を気にすることなく安い料金でスマホを使うことができるようになります。

 


このページの先頭へ戻る